トゥデイリー

今日(Today)×毎日(Daily)の知りたい情報をピンポイントに追求

国内ニュース 感染症対策 東京五輪

オリンピックの選手村では酒持ち込みOK!宴会騒ぎの元凶では?

投稿日:2021年6月23日 更新日:

スポンサードリンク

オリンピックの選手村では酒持ち込みOK!宴会騒ぎの元凶では?

今回は、オリンピックの選手村で酒の持ち込みがOKとなること、それが宴会騒ぎにつながるおそれについて、取り上げていきます。

東京・晴海のオリンピックの選手村に入った各国の選手たちは、
自室に酒を持ち込んでよいこととなりました。

このルールは物議を醸しています。
内容を早速見ていきましょう。

酒は「ひとり晩酌」ならOK!?

東京オリンピック・パラリンピックでは、
東京・晴海の選手村などと外部を隔離状態とする「バブル方式」をとり、
開催される見通しです。

また、選手村内部でも感染症対策として公園や共有スペースでの飲酒は禁止となる見込みで、
感染拡大の可能性を小さくしようとする意図は感じられます。

その一方、選手による自室への酒持ち込みは許可されることとなりました。
持ち込める量は1人当たり5リットル。

これ、考えてみるとなかなかの量です。
ビール500ml缶が10缶というとそんなに多くないように思えますが、
ウイスキーや焼酎が5リットルと考えると、
なかなかすぐに飲みきれる量ではなさそうですよね。

選手各自の居室やプライベート空間ではこれらの酒が自由に飲めるということです。

選手の皆さんはオリンピック期間中、
自室でゆったりと晩酌を楽しんでリラックスし、
万全の体制で競技に臨むというわけですね!

……いえ、決してそんなことにはならないのでは。
「酒持ち込みOK」は、相当リスクを孕んだルールだと思うのです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓↓

アルコールの大量持ち込みが感染爆発を招く?

「自室のアルコール持ち込みはOK、ただし飲酒はプライベート空間だけで1人で飲んでね」

さまざまな文化や国民性が入り交じる各国選手団が、
おとなしくこれを聞き入れるでしょうか。
正直無理があります。

ただでさえバブル方式を採用した今回の東京オリ・パラは、
制限が大きく、選手にはストレスがかかりやすいとされているのです。

そんななかで、選手は酒を持っている。
隣の部屋の仲間も酒を持っている。
「ストレス発散だ! ◯時に部屋集合で飲もうぜ!」
「あいつは今日よく頑張った! 祝勝会だ!」
こうなることは目に見えているわけです。

「じゃあ、厳しく選手村を監視すればよい!」
と思われるかもしれませんが、選手各自のプライベートを制限することは難しく、
監視員の配置は選手村の公共スペースのみに留まる見込みとなっています。

選手たちが寝泊まりする居室棟で宴会が行われていても、
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から注意、警告が行えない……
これは由々しき事態といえるでしょう。

酒が即感染爆発を招くとはいえないものの、
大勢が集まって宴会が開かれれば、それだけ感染症リスクは高まり、
何のためにバブル方式でオリンピックを開催したのか、
わからなくなってしまいます。

また、国際オリンピック委員会(IOC)が大会組織委員会に対して、
選手村において宅配サービス「Uber Eats」の使用を認めるよう要請しているようです。

「感染リスクを回避するため、選手が食堂で食事をとらなくても済むように」
という大義名分があるようですが、
これがOKとなるとあらかじめ持ち込んでいた量以上の酒を、
追加で注文することが可能になってしまいそうです。

このままでは「選手村パーティーナイト」に歯止めが効かなくなる気もしますが、
組織委員会がIOCの要請にどう対処するのか要注目です。

スポンサードリンク

日本国民の反感を買う可能性大

選手村の酒持ち込み可のニュースは、
日本国民の感情を逆なでしている点も見逃せません。

感染状況が深刻な地域を中心に、
飲み会や宴会を制限されているわけです。

そのような状況下で、
「オリンピック選手団が大宴会で感染爆発!」となったら、
「ふざけるんじゃねえ! 国民は我慢してるのに、オリンピックに出れば何をやっても良いのか?」
と反感を買うのは間違いありません。

ただでさえ、国民感情としてオリンピックへの反対意見が多いわけですからね……。

難しい決断ではあったと思いますが、
今回のオリ・パラに関しては選手たちのプライベートを制限することになっても、
酒持ち込みをNGとするべきだったのではないでしょうか?

持ち込みが禁止されるなら、
宴会が行われることも考えにくくなりますし、
ルールを破った場合に厳しい罰則を設けることも可能でしょうからね。

とりあえず今は、
「選手のプライベート面を制限しない」という組織委員会の姿勢が、
新たな感染爆発を引き起こさないことを祈りたいと思います。

以上、Nobieでした!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓↓

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-国内ニュース, 感染症対策, 東京五輪

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

都内の緊急事態宣言解除の条件を西村大臣が答弁!

西村大臣が緊急事態宣言解除の条件を再答弁!実は感染者数関係なし?

出典:内閣官房 今回は、感染症拡大により都内に発令中の緊急事態宣言解除の条件について、西村康稔大臣が国会で再答弁したので、取り上げていきます。 どうも2021年1月上旬の緊急事態宣言発令時に示した基準 …

変異種と変異株のどっちが正しい?新型感染症関連の報道にNOが!

こんにちは! トゥデイリー運営者のNobieです。 今回は、新型感染症関連の報道において、変異種と変異株という呼び方が入り乱れていましたが、一体どっちが正しいのか? ということに迫った記事です。 また …

加藤官房長官評判

加藤官房長官は無能?評判を調査したところ悪評の理由が判明!

出典:加藤勝信氏本人Twitter 今回は「加藤官房長官の無能という評判の理由について追求した記事」です! すっかり露出が増えた加藤勝信官房長官ですが、政界においてその評判はどのようなものなのでしょう …

総合支援資金の返済が免除される条件とは?令和◯年の所得が鍵

総合支援資金の返済が免除される条件とは?令和◯年の所得が鍵

COCOAの不具合の原因は元請けのパーソルと下請け会社のどちら?

COCOAの不具合の原因は元請けのパーソルと下請け会社のどちら?

プロフィール

運営者:Nobie(のびー)
性別:男

東京生まれ東京育ち。ライター、編集として活動しています。以前は週刊誌記者をしていました。

日々の情報で「知っておいてよかった」「ニュースって面白い!」と思ってもらえるようなコンテンツを作っていきたいと思っております。

ぜひ楽しんでいってください。