トゥデイリー

今日(Today)×毎日(Daily)の知りたい情報をピンポイントに追求

加藤官房長官 国内ニュース

加藤勝信には婚約破棄の過去あり!妻や娘など家族にも驚きの事実が

投稿日:2021年1月4日 更新日:

加藤勝信には婚約破棄の過去あり!妻や娘など家族にも驚きの事実が
出典:加藤勝信氏本人公式ホームページ

今回は「加藤勝信の婚約破棄の過去と妻、娘などの家族についての事実」について書いた記事です。

厚生労働大臣や内閣官房長官など、内閣の重要ポストに就いている加藤勝信氏ですが、
婚約破棄など私生活において、興味深いトピックがあるようなので、取り上げてみます。

それでは、早速見ていきましょう。

スポンサードリンク

加藤勝信の家族構成

2020年に官房長官に就任した加藤氏。

その家族構成は、

娘4人
です。

現代では子だくさんの家庭に入るでしょう。
加藤氏本人を含めて6人家族というわけですね。

しかし、加藤氏が今の家庭を持つまでにはひと悶着あったようです。

妻候補と婚約破棄!?

加藤氏はもともと「室崎」姓で、加藤家には婿入りした身です。
(加藤氏の岳父、加藤六月氏と紛らわしいので、次の見出しまで加藤氏を「勝信氏」と表現します)

大蔵省の官僚であった勝信氏を、
政界の実力者・安倍晋太郎氏の側近である加藤六月氏が気に入り、娘婿としたことで、
勝信氏の政治家への道が開けたという経緯があります。

ただ、加藤家に婿入りする前にトラブルがありました。
最初、勝信氏と婚約したのは六月氏の長女・康子(こうこ)さんでした。

しかし、二人は結婚前に破談。
理由は端的に言えば「大蔵省官僚と政治家の娘のプライドと意地の張り合い」といったところでしょうか。

勝信氏が
「この国は官僚によって動いている」
と言うと、
勝ち気な性格の康子さんは
「いや違う。父のような政治家が国を動かしているのだ」
と言い返し、喧嘩に発展。

普通はこれだけの理由で結婚取りやめにはなりませんよね。
ただ、官僚と政治家の娘というプライドの高い人たちが仲直りするのは難しかったのでしょう。
加えてもともとの性格が合わなかったことも推察されます。

康子さんは、婚約破棄後すぐにハーバード大学に留学しています。
このあたり気の強さがうかがえますね。

勝信氏はその後、康子さんの妹の周子(しゅうこ)さんと結婚。
長女と破談になっても、次女と結婚させたのは、
加藤六月氏が相当、勝信氏を買っていた証左でしょう。
また、娘を官僚と結婚させたい意向が当初からあったようですね。

周子さんは姉に比べると、穏やかな性格だったようで、その後は勝信氏と四人の子どもをもうけています。

スポンサードリンク

娘はテレビ局勤務

加藤氏の娘は2019年時点で長女が27歳、四女が18歳のようです。

加藤氏の娘の一人は2015年にフジテレビに入社したと話題になりました。
大学卒業の年齢(浪人、留年なしなら22歳~23歳の年)を考えると、フジテレビに入社したのは1992年頃生まれの長女と考えられます。

ただ、このニュースはあまりポジティブな見方をされておらず、
「コネ入社ではないか?」と疑われるようなものでした。

というのも、同年安倍前首相の甥もフジテレビへのコネ入社を報道されていたからです。
岸信夫防衛大臣の息子で岸信千世氏のことですね。
(ちなみに彼は2020年フジテレビを退社して父の元で働き始めました)

フジテレビをはじめテレビ局はコネを各方面に作り、
さまざまな利権を獲得しているという噂は絶えません。

加藤氏の娘がコネ入社である証拠はありませんが、
安倍晋太郎氏と加藤六月氏の関係性が深かったことから、
安倍前首相とも信頼関係のある加藤氏です。
コネ入社を疑われても仕方ない立場なのかもしれません。

また、加藤氏の娘さんに今のところ退社したというニュースはなく、
今もフジテレビに勤めている可能性が高そうです。

家庭不和の噂はなし

結婚まではひと悶着あったようですが、四人の娘さんは順調に成長しているようで、
加藤氏の家庭に特別の不和はなさそうです。

いかんせん、女性:5人、男性:1人の家庭ですから、
女性陣が団結したら、官房長官を務める加藤氏も分が悪いかもしれませんが(笑)

以上、Nobieでした!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓↓

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-加藤官房長官, 国内ニュース

執筆者:

プロフィール

運営者:Nobie(のびー)
性別:男

東京生まれ東京育ち。ライター、編集として活動しています。以前は週刊誌記者をしていました。

日々の情報で「知っておいてよかった」「ニュースって面白い!」と思ってもらえるようなコンテンツを作っていきたいと思っております。

ぜひ楽しんでいってください。