トゥデイリー

今日(Today)×毎日(Daily)の知りたい情報をピンポイントに追求

国内ニュース 経済・お金

ペイペイの手数料が有料化でキャッシュレス決済は衰退の一途?

投稿日:

スポンサードリンク

ペイペイの手数料が有料化でキャッシュレス決済は衰退の一途?
出典:PayPay株式会社ホームページ

今回は、ペイペイの手数料が有料化する件について取り上げると共に、キャッシュレス決済の未来について考察しようと思います。

キャッシュレス決済として全国に広まっているペイペイですが、
まもなく手数料が発生するようになる、とのことです。

どういうことなのでしょうか。

また、キャッシュレス決済自体がどうなるのかという点についても、
見ていきましょう。

「無料」が「有料」に変わるとき

QRコード決済としては圧倒的な利用率をほこり、
全キャッシュレス決済でも3位と、確固たる地位を築いているペイペイ。

ご存じ、ヤフージャパンとソフトバンクが母体のオンライン決済サービスです。

ペイペイはこれまで、生産者や販売者などの「売り手」に対して、
決済システム手数料や導入費を「無料」という形でサービス提供していました。

しかし、この手数料が2021年10月1日から有料化するそうです。
これは、サービスを利用している売り手側にとって重大な問題といえます。

今までコストがかかっていなかった部分にコストがかかるわけですから、
予算や経費のことを考えても、マイナスな影響があるのは否めません。

ただ今回の手数料有料化、急に決まったわけではなく、
ペイペイは近い将来有料化すると公表していました。

なのでサービスを導入していた売り手は、
元から有料化するのをわかっていたということになります。

しかし、ここで気になる点は、
「決済を利用しているユーザーにはどういった影響があるのか」という点です。

ペイペイは、他のQRコード決済と比較しても、
チャージ方法が多様かつアプリとしての立ち上がりが早く、
決済時に便利な印象があるのですが……

これからもペイペイは残っていくのでしょうか?

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓↓

手数料有料化によってペイペイは衰退?

ペイペイの決済数は、
QRコード決済市場の過半数を占めています。

運営元のペイペイ株式会社によると、
2021年3月までの1年間で決済回数は20億回を突破しているそうです。

キャッシュレス決済として、
もはや無くてはならない存在といえます。

ただ企業としては、
今回の手数料有料化で自社の損になるのであれば、
ペイペイの導入をやめたいのが実状でしょう。

しかし、ペイペイの普及具合を考えると、
「やめられない」という状況なのではないかと思います。

やめてしまえば、ペイペイを使えるから来ていたお客が遠のき、
不利益につながることすら考えられるわけですからね。

それならば、せめてペイペイ決済手数料有料化に対応していきたいところでしょう。
ただ、現状ではそれが難しいのです。

なぜなら「手数料の利率がまだ発表されていない」から。

ペイペイ株式会社によると、有料化の一ヵ月前に公表するとのことですが、
サービスを導入している企業からすると不安でしかないでしょう。

また、ペイペイを使っている利用者も気が気ではないでしょうね。

もし万が一利率が高い場合は、
ペイペイから撤退する店が増え、
街で気軽に使えなくなるかもしれません。

手数料利率の公表が、
この有料化をめぐる問題のターニングポイントといえそうです。

また、手数料の有料化で、
QRコード決済最大手のペイペイの利用者が減った場合、
キャッシュレス決済自体はどうなっていくのでしょうか。

スポンサードリンク

キャッシュレス決済の未来は

さて、キャッシュレス決済の今後についてですが、
結論として、おそらく「衰退はしない」でしょう。

なぜなら仮に今回の騒動でペイペイが衰退したとしても、
「ペイペイの使用量」が減るだけと考えられます。

そうなれば、今度は他のキャッシュレス決済が台頭していくはず。

また、キャッシュレス決済という枠で見れば、
クレジットカード決済などもありますから、
これらがなくなることは考えにくいのです。

新型感染症対策の観点から見ても、
キャッシュレス決済は優れていますから、
利用者は今後も増え続けていくのは間違いないでしょう。

何にせよ、ペイペイを導入している企業や店舗は、
手数料の利率発表後、
各自すぐに対応できるように備えておく必要がありますね!

以上、Nobieでした!


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓↓

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-国内ニュース, 経済・お金

執筆者:

プロフィール

運営者:Nobie(のびー)
性別:男

東京生まれ東京育ち。ライター、編集として活動しています。以前は週刊誌記者をしていました。

日々の情報で「知っておいてよかった」「ニュースって面白い!」と思ってもらえるようなコンテンツを作っていきたいと思っております。

ぜひ楽しんでいってください。